7/23版 3歳・古馬有力馬の次走情報(マルシュロレーヌなど)

  • 帝王賞8着のマルシュロレーヌは、エルムステークスとブリーダーズゴールドカップの両にらみとなるようです。

 

  • 帝王賞9着のダノンファラオは、日本テレビ盃を視野に調整されます。

 

  • ダービー12着のラーゴムは、池添謙一騎手との新コンビで新潟記念へ向かいます。

 

  • オークス5着のアールドヴィーヴルは、ローズステークスへ向かいます。

 

  • ジャパンダートダービー2着のゴッドセレクションは、シリウスステークスを視野に入れています。

 

  • 阿武隈ステークスを勝ったエフェクトオンは、新潟記念へ向かいます。

 

  • 福島テレビオープン3着のアンコールプリュは、朱鷺ステークスを予定しています。

 

  • プロキオンステークスをJRAレコードタイで快勝したメイショウカズサは、阿蘇ステークスで連勝を狙うことになりました。引き続き、松山弘平騎手が騎乗します。

 

  • プロキオンステークスで10着だったマリオマッハーは、関越ステークスに向かいます。昨年5月以来となる芝のレースに挑戦となります。

 

  • かきつばた記念を勝利後、フレグモーネを発症し、放牧に出されていたラプタスが帰厩しました。サマーチャンピオンを予定しています。

関連記事

  1. デゼル妹オヌールはローズステークスへ

  2. 有力2歳馬の予定(リフレイム、サトノレイナス)

  3. 7歳馬のラヴィングアンサーは京阪杯へ

  4. 府中牝馬ステークスを制したシャドウディーヴァはジャパンカップへ

  5. ステイフーリッシュは札幌記念へ

  6. ライラックは次走に京都2歳ステークスを選択

  7. モズベッロは宝塚記念で悲願のタイトルへ

  8. 函館2歳ステークス制覇のナムラリコリス、放牧へ