7/31版 3歳・古馬有力馬の次走情報(マスターフェンサーなど)

  • マーキュリーカップで連覇を果たしたマスターフェンサーは、連覇がかかる白山大賞典へ向かうことになり、鞍上は引き続き松山弘平騎手を予定しているとのことです。

 

  • アイビスサマーダッシュ2着のライオンボスは、放牧に出されました。次走は未定とのことです。

 

  • アイビスサマーダッシュ9着のヒロイックアゲンは、UHB賞に向かうようです。

 

  • 宝塚記念で5着後、休養に入っているキセキは、京都大賞典で復帰することになりました。今秋は3戦を予定しており、その中には香港国際競走への出走も選択肢に入っているようです。

 

  • 宝塚記念8着以来休養しているモズベッロは、登録している凱旋門賞を見送ることが分かりました。

 

  • NHKマイルカップ3着後、休養に入っているグレナディアガーズが、アメリカのブリーダーズカップマイルを目指すことを、29日、所有するサンデーサラブレッドクラブがホームページで発表しました。

 

  • 中京記念を勝利したアンドラステは、関屋記念あたりが次走候補となっているようです。

 

  • 安土城ステークス4着のブランノワールも、関屋記念を予定していますが、除外された場合は朱鷺ステークスに向かうとのことです。

 

  • カーバンクルステークス9着のデュープロセスは、朱鷺ステークスへ向かいます。

 

  • 昨年のスプリンターズステークス13着以降、休養しているダイアトニックは、キーンランドカップでの復帰を視野に調整されます。

関連記事

  1. 3/3版 古馬有力馬の次走情報(レイパパレなど)

  2. 京都新聞杯の勝ち馬レッドジェネシスは神戸新聞杯へ

  3. グロンディオーズは目黒記念を目標に

  4. 日経新春杯を制したショウリュウイクゾは京都大賞典へ

  5. アドマイヤビルゴ、日経新春杯へ

  6. ソダシ、桜花賞直行

  7. サリオス、大阪杯へ

  8. マルターズディオサ、阪神Cへ