カテゴリー:次走情報

  • ワグネリアンは武豊と新コンビ結成

    昨年の宝塚記念以降休養していたワグネリアンが、鞍上に初めて武豊騎手を迎え、京都記念で復帰することがわかりました。管理する友道調教師が1月27日、明らかにしました。 友道調教師はこの日、宝塚記念後に、喉の手術をしてい…
  • アリストテレス、次走の目標は天皇賞・春

    アメリカジョッキークラブカップを制したアリストテレスについて、当面の目標は天皇賞・春に設定したようです。 音無調教師は「阪神大賞典か日経賞を挟むと思う」と今後のプランを明らかにしました。…
  • セイウンコウセイ、ひと叩きして高松宮記念へ

    セントウルステークス17着後、休養しているセイウンコウセイは、シルクロードステークスから高松宮記念へ向かいます。…
  • ジナンボー、AJCCへ

    天皇賞・秋7着のジナンボーはアメリカジョッキークラブカップへ向かうようです。…
  • ベストアクター、阪急杯で復帰予定

    昨年の阪急杯勝利後、脚部不安で休養していたベストアクターは、まる1年ぶりとなる阪急杯で復帰予定。…
  • マルターズディオサ、ひと叩きしてVMへ

    阪神カップ2着のマルターズディオサは、阪急杯か阪神牝馬ステークスを叩いてヴィクトリアマイルへ向かうようです。…
  • ソダシ、桜花賞直行

    阪神ジュベナイルフィリーズを勝利したソダシは、トライアルを挟まず桜花賞へ直行することが決まりました。 現在は栗東近郊のノーザンファームしがらきに放牧中で、管理する須貝調教師は「さすがに疲れていたし、ちょっとリフレッシュ…
  • カレンブーケドール、大阪杯目標に

    有馬記念5着同着カレンブーケドールは、大阪杯を目標に調整していくようです。国枝調教師は「その前に使うとしたら京都記念かな」とコメントしており、一叩きすることも考えているようです。…
  • デアリングタクト、金鯱賞から2021年始動

    ジャパンカップ3着後、休養に入っているデアリングタクトは、2021年は金鯱賞での始動を目指すことになりました。引き続き松山弘平騎手が手綱を執ります。管理する杉山晴師が明らかにしました。 「ドバイとなるとぶっつけは厳しい…
  • マルターズディオサ、阪神Cへ

    秋華賞7着後、休養しているマルターズディオサは、予定していたターコイズステークスを回避して、阪神カップへ向かうことになりました。 …
ページ上部へ戻る