カテゴリー:馬・騎手情報

  • 暴行罪確定の木村哲也調教師、29日から調教停止

    JRAは28日、木村哲也調教師に対し、今月7月29日から調教停止処分を科すことを発表しました。期間は未定で、後日開かれる裁定委員会によって定められます。 木村師は2019年12月11日、当時師弟関係にあった大塚海渡…
  • 横山琉人騎手、調教中落馬し右足腓骨骨折

    ルーキーの横山琉人騎手が21日、函館競馬場で調教中に落馬。右足の腓骨を骨折しました。 師匠の相沢調教師は、「残念だけど、完治までは1カ月ぐらいかかるようです。また頑張ってほしいです」とコメントしました。…
  • 大塚騎手に暴行の木村師に罰金10万円の略式命令

    大塚海渡騎手を怒鳴り、頭をたたいたとして、土浦区検に暴行罪で略式起訴された木村哲也調教師に対して、土浦簡裁が12日付で罰金10万円の略式命令を出していたことが22日、分かりました。 同師は19年12月11日に、当時…
  • トウカイテイオー最後の産駒、異例の7歳デビュー

    2013年8月に死んだG1・4勝の名馬トウカイテイオー最後の産駒、キセキノテイオーが、7月22日の門別競馬1R(ダート1000メートル)でデビューします。鞍上はホッカイドウ競馬リーディングの石川倭騎手です。 同馬は…
  • デビュー3年目の団野大成騎手、イギリス修行へ

    デビュー3年目の団野大成騎手が、今秋にイギリスへ遠征することになりました。研修先はニューマーケットに調教拠点を置く、ロジャー・ヴァリアン厩舎。今回は調教騎乗が目的で、無償で厩舎作業などを手伝うとのことです。「期間は2カ月…
  • メイショウオウドウ、心不全で死亡

    2000年に当時G2の大阪杯、2001年に鳴尾記念を制したメイショウオウドウが7月18日朝、余生を過ごしていた北海道白老町のホースガーデンしらおいで心不全のため亡くなりました。26歳でした。 栗東・飯田明弘厩舎に所…
  • チュウワウィザード、骨折し休養

    昨年のチャンピオンズカップなどダートG1を3勝しているチュウワウィザードが、右第1指骨を剥離骨折していることが7日、JRAから発表されました。今後は3カ月以上の休養を要する見込みです。 今年はサウジカップ9着のあと…
  • ミスマンマミーア引退、繁殖入り

    今年のG2日経新春杯で2着に入り、4月にはオープンの大阪―ハンブルクカップでレコード勝ちし、その勢いで挑んだ前走G1宝塚記念は6着だったミスマンマミーアが、左前脚に靱帯損傷と浅屈腱炎を発症したため、2日に競走馬登録を抹消…
  • ダノンプレミアムが引退、種牡馬入り

    2017年のG1・朝日杯フューチュリティステークスを勝利したダノンプレミアムが、1日に引退、競走馬登録抹消の手続きが行われたと、中内田厩舎から発表がありました。今後は種牡馬となる予定です。 デビューから3連勝でG1…
  • サトノフラッグ、全治6ヶ月以上の骨折

    13日に行われたエプソムカップで2着のサトノフラッグが、右橈骨遠位端骨折を発症したということを、JRAが発表しました。今後は6ヶ月以上の休養を要する見込みとなっております。 昨年の弥生賞ディープインパクト記念で重賞…
ページ上部へ戻る